女性が大活躍?!営業マンとして活躍している女性達!!

今までの営業マン、これからの営業マン。

「営業マン」と聞くと、どんな姿を思い浮かべるでしょうか?キリッとした顔立ちに、スーツを着て、ビシッとネクタイを締めている男性を思い浮かべる方が、まだまだ多いのではないでしょうか。「男性が営業マン、女性は受付事務」そんなイメージは、近年では古い考え方になってきています。女性でも男性と同じように、売上を上げている営業マンはとても多いです。ビジネス雑誌やビジネスコラムなどでも、トップ賞を取るくらい売上を上げている女性営業マンが紹介されている事もあります。もはや、営業という職種は、男性だけの職種ではないのです。

女性営業マンが活躍しているのは、どんな業界だろう?

女性営業マンが活躍している業界の代表格といえば、化粧品・エステといった美容関係や保険関係です。そして近年、女性が多くなっている業界は、ハウスメーカーやエクステリアといった住宅関係です。建築の知識を要し、時には工事現場に出なければならない様な業界ですが、自宅に居る事が多い女性目線で提案が出来る為、営業マンとして女性を採用している企業が多いのです。そして、最近では企業向けの営業マンとしても女性が活躍していますよね。PC関係、健康食品、クリーニング業界といった具合に、様々な業界で女性が活躍しているのです。

営業は女性だからこそ有利な点もある!!

様々な業界に女性営業マンは居るけれど、やっぱり男性営業マンと比べると不利な面が多いのでは?と思う方も少なくないでしょう。確かに、男性の方が、なんとなく「頼りになりそう」と思う方も多いでしょうが、女性だからこそ有利になる点も多いのです。まずは、女性だからこそ、細かい所に気がつき、顧客のニーズを的確に把握したり、きめ細かいサービスに繋げる事が出来るという点です。もう一つの利点は、男性よりも女性の方が警戒されにくく、顧客とのコミュニケーションも取りやすい点です。この様に、女性であることの有利点を的確に認識し、営業活動を行っていく事が女性営業マンが成功する秘訣かもしれません。

営業の仕事は男性が多いというイメージを持っている人も多いですが、女性の社会進出とともに、女性営業の求人は増えており、実際に営業として働いている女性も多くいます。


保育士になりたい!免許を取るにはどうすればいい?

保育士のニーズが高まっています

子供が大好きな方に人気の職業、保育士。小学生の女の子が選ぶ「将来の夢ランキング」でも毎年上位にランクインするほか、最近では男性の保育士も以前と比べて確実に増加傾向にあります。また、子育てが一段落したママさんが再就職のために保育士資格を取得するケースも増えてきました。女性の社会進出が加速する中、保育園と保育士のニーズは高まり続けており、保育士資格取得が再就職やステップアップへのチャンスに繋がっています。では保育士の資格はどうすれば取れるのでしょうか?

保育士養成課程を卒業するのが一般的

保育士の免許を取得する方法は大きく分けて二つあります。一つめは厚生労働大臣の指定する四年制大学や短期大学、専門学校などに設けられた保育士養成課程の単位を取得し、卒業することです。2年間の課程(夜間学校の場合は3年間)で定められた単位を取得することにより自動的に資格を得られ、保育士試験を受験する必要はありません。進学し、保育に必要な知識や技術を学びたいという高校生などにオススメの資格取得方法ですね。

働きながら資格取得を目指す方法も

二つめの保育士資格取得方法は、保育士試験に合格することです。年1回実施される試験に合格すれば資格を得ることができますが、受験するためには受験資格を満たさなくてはなりません。受験資格の内容はある一定以上の学歴を保持している、もしくは児童福祉法に基づいて設置された児童福祉施設に定められた期間以上の勤務経験がある、などです。受験資格を満たしていないと保育士試験に合格しても合格が無効になるので注意してください。試験のための勉強は、通信教育などを利用して進める方が多いようです。自分に合った方法で、資格取得を目指して頑張ってくださいね!

保育士の求人なら東京だと、選択の幅が広がります。人口が多いのが一番の理由ですが、保育園だけでなく認定こども園など保育士を必要とする施設が多いというのも理由の一つです。


美に対する飽くなき挑戦をしたいなら!美容師が最適

美容師に向いているタイプとは

自分の髪を美しく整えるだけではなく、お客様の髪型も完璧に仕上げたい。そのようなタイプは美容師に向いています。さらに、美容師は手先が器用な上に、お客様の容姿や雰囲気に合うヘアスタイルを提案できるように、美的センスを持ち合わせていることも大切です。また、会話を通してヘアスタイルを作り上げることもありますから、コミュニケーション能力が必要とされています。このような条件を満たしているならば、自信を持って美容師を志しましょう。

美容師の資格を取得する方法

美容師として働くためには、美容師を養成する教育機関で知識や技能を学んだあとに、国家試験を受けなければいけません。国家試験に合格して資格を取得したならば、美容師として採用してもらうことができます。美容師になりたい場合、専門の教育機関で学ぶ必要がありますが、全国にはたくさんありますので、じっくり吟味して選びましょう。通学しやすい立地条件ならば、苦痛に感じることがありませんので、まずは所在地や最寄り駅について調べることをおすすめします。

バラエティに富んでいる美容師の職場

美容師の職場はたくさんありますので、自分の適性やライフスタイルに合わせて選ぶ方法がおすすめですね。最も多い職場は美容院ですが、個人の店舗やチェーン店など、さまざまなスタイルが見受けられます。また、ゆくゆくは独立開業して、自分の美容院を持つことを目標としている美容師はたくさんいますね。さらに、結婚式場やモデル事務所に所属して働く方法もあります。花嫁やモデルのヘアスタイルをセットしますから、憧れる美容師は多いのですが、センスが重要視される職場です。

美容師の求人では、勤務場所に加えて勤務時間や休日、給料など、条件面において様々な種類が存在しています。