介護が必要になった場合に備える知識!公的介護保険について

公的介護保険の被保険者

少子高齢化に関わらず、自分の両親や配偶者等の介護が必要になる場面に遭遇する可能性は誰でもあります。同時に自分が介護が必要な身になることも当然あり得ます。そういった場合にもあわてないように公的介護保険についての知識はある程度知っておくことが必要しょう。介護保険の保険料を支払う必要がある被保険者は第一号被保険者と呼ばれる65歳以上の人と第二号被保険者と呼ばれる40歳以上65歳未満の人に分かれています。

公的介護保険の給付を受ける介護認定

介護保険の被保険者のうち、第一号被保険者は事故なのか老化に起因する病気等によるのかにかかわらず、介護が必要になった場合には介護保険の給付を受けることができます。但し第二号被保険者は老化に起因する特定疾病になった場合だけが給付対象です。介護が必要になったら市町村へ申請をしてどの程度の介護状態かの認定を受けることが必要ですので、その点を理解しておくといいでしょう。職員と専門家が自宅等を訪れて確認をする認定調査があります。

公的介護保険の給付の種類

介護が必要であると認定されると給付を受けることができます。介護を受ける場合、介護業者のサービスを利用することになりますが、その料金の自己負担割合は1割でよく、残りが保険から支払われるというのが給付の主な仕組です。どんな給付をどんな頻度で受けるのかということが大切になってきますので、その計画を考えてくれるケアマネージャーという人の力を借りることになるでしょう。このプラン作成に関しては自己負担は必要ないことになっています。

介護の求人は有資格者を求める傾向が強い場合があります。そのため、求人情報のその内容の確認は必須です。


経験してみて気付いた、転職活動のポイント

転職活動は在職中から

「在勤中に転職活動をするなんて」とお考えの方もいるかもしれませんが、自分の予想や統計的な平均値以上に、転職活動は時間が掛かるもの。多少の貯蓄や失業手当があったとしても、内定がもらえない期間が長引けば、精神的な焦りも生まれます。また、現職の繁忙期や、突発的な仕事が入ってこれば、電話対応や書類作成に割く時間が取れなかったり、面接等に出向くタイミングも逃しがちです。これらの理由から、転職活動を始めるなら、在職中がオススメです。

ハローワークにコネ入社使えるものは全部使って

転職にあたり、転職サイトや人材紹介会社を利用する方は多いと思いますが、ハローワークでの求職活動を忘れていませんか。多くのハローワークでは、週に1・2回程度、夜間開庁日を設けています。また、一度求職登録をしておけば、インターネット上で求人票を見ることも可能となります(一部非公開の求人もあるようです)。ほかにも、不本意ながらの退職であれば、自分が休職中であることを、思い切って周りに話してみるのも良いでしょう。助け舟を出してくれる人が現れるかもしれませんよ。

気持ちが切れそうになったら利用したいコト

筆者の私自身、転職活動を複数回経験しています。悪い結果が続いた時に励みになったのが、転職支援会社(人材紹介会社)の転職セミナーでした。参加するためには勿論、職業紹介希望者として、募集企業に登録する必要があるのですが、大手の紹介会社になると、無料のカウンセリングや、モチベーションアップセミナー等を開催していることがあります。もうダメだと落ち込みそうになったら、そういった職業紹介会社や、大規模な転職支援イベントに参加してみるのもよいでしょう。思わぬ収穫があるかもしれませんよ。

もしもベンチャーの転職に興味があるならば、求人サイトを閲覧して、興味がある職種をピックアップする方法がおすすめです。


いつまで我慢しているの!?転職したほうがいい会社とは

人間関係に問題がある

せっかく就職した会社はできれば長く勤めたいと考える人も多いですね。しかし実際に働きだして見ると様々な問題に直面してしまう事も多いのです。中でも最も多いのが人間関係であり、上司との関係が上手くいかないと悩んでいる人も多いのです。パワハラなどという言葉もできてしまうほど上司に辛くあたられてしまう人もいるのですよ。そのような会社に長くいてもストレスが溜まってしまい、ひどくなると鬱になる可能性があるため無理せずに転職を考えましょう。

残業が多すぎる会社について

厚生労働省では労働時間が決められており、1日に8時間、週に40時間を越える労働はさせてはいけないと決められていますよね。しかし実際には残業が多く1日に10時間以上の労働が強いられている会社も多いのです。また残業が多いのに残業代を払ってくれないという会社も実は沢山あるのですよ。残業が多いと疲れてしまうだけでなく自分の時間を持つこができなくなってしまいますよね。また労働に見合った報酬がもらえない場合には納得できなくなってくるでしょう。

自分が考えていた仕事と違っていた

新入社員として就職しこの会社で自分の力を十分に発揮しようと入社したのに、実際に配属された部署が全く考えていた部署と違っていた場合、とても悩んでしまうでしょう。やりたかった仕事とは全く違った仕事であれば何のためにこの会社に入ったのかわからなくなってしまいますよね。このままお金のために我慢して働くのか、またやりがいを求めて転職するのかは自分次第ですが若いうちであればやりがいを求めた方が後悔がないですよね。

営業の転職サイトでは業界や地域によって細かく分類された情報が豊富に掲載されているので自分の理想の職場も見つけやすいです。