知っておきたい!飲食店バイトの、メリット、種類、賃金について

飲食店バイトのメリットとは?

飲食店のアルバイトは、求人情報でもよく見かけますし、興味を持っている方も多いのではないでしょうか。学生の方にとっては、学校の授業が終わった後や夜間に出来るアルバイトとして定番になっていますし、主婦の方にとっては昼間の空いた時間に出来るという便利さもあるでしょう。さらに飲食店バイトのメリットとしては、空いた時間に数時間だけ出来るということのほかにも、まかない(食事)が出る場合が多いことや、友達づくりなどに最適な、出会いの場が多い職場としても知られていることが挙げられます。

飲食店バイトにもいろいろある?

飲食店のアルバイトと一口に言っても、ファミレスなどのチェーン店と個人店の違いや、ホールとキッチンという仕事内容の違いがあります。ファミレスの場合はマニュアルに沿って仕事を覚えることになりますが、個人店の場合は、より臨機応変な対応が求められるという違いがあるでしょう。そしてホール(接客)とキッチン(調理)では全く仕事内容が違うため、応募や面接をするときは、それが自分の希望に沿った仕事かどうかをしっかり確認することが必要だと言えます。

飲食店バイトの賃金はいくら?

飲食店バイトの賃金については、首都圏で時給1,000円前後というのが相場ですが、もともと賃金が低い地方では700円台というところも多いようです。例えば、時給1,000円のバイトを、一日4時間・週3日というシフトで行った場合は、5万円程度の月給になります。また、ファミレスや居酒屋などで深夜勤務(22時~翌5時)がある場合は、通常勤務の25%増の時給にしなければならないということが法律で定められています。

飲食店の求人はたくさん出ていますので、選択肢が多いというメリットがあります。エリアを限定すれば、探しやすくなります。

注意しよう!アルバイトでやってはいけない事
大学生は必見!ファストフードのアルバイトで身につくスキルとは?