知っておこう!介護保険サービスでレンタル・購入できる福祉用具

用途に応じた歩行器レンタル

歩行器には、からだを歩行器の中に入れ、体重をかけて利用するリハビリテーション用のものや、屋外でも使用できる車輪つきのものまでありますので、用途に応じた歩行器がレンタルできますよ。ほかの福祉用具と比べると、色やデザインのバリエーションが豊かになっていますから、選ぶときにも楽しむことができますよね。オレンジ色が人気色となっているんですよ。四輪歩行器の月額の利用料金の目安は約400円からで、レンタル対象者は、要支援1・2、要介護1から5となっています。

介護保険サービスで購入できる福祉用具

入浴や排泄などで使用する、直接肌に触れる福祉用具は介護保険サービスで購入可能ですよ。要介護ごとに定められている、毎月の利用上限度額とは別に、1年間で上限10万円が支給されますが、もちろん、こちらも1割負担です。購入できるものには、和式便器の上に置き、腰掛けをサポートする「腰掛便座」、洋式便器の高さの調整をする「補高便座」や、洗い場に腰を下ろしづらい人のための「入浴用いす」や介助ベルト、すのこなど、工事を伴わず、居間などで入浴が可能なポータブル式の簡易浴槽などがありますよ。

レンタル可能な福祉用具

レンタルできる福祉用具の体位変換器は、からだの下に挿入し、動力によって体位を変換するもので、床ずれ防止に使用します。工事を伴わずにつけられる、取り外しのできるスロープは、段差の解消に役立ちますよ。松葉杖や、足が4本ある四点杖など、さまざまな種類の歩行補助杖もレンタルできますよ。要介護者が、誤って屋外へ出ようとしたときにセンサーで感知し、家族へ知らせるのが、認知症老人徘徊感知器ですが、これは認知症の人向けですね。

介護の派遣を探している場合は、希望の労働形態や給与を明確にしながら、重点的に検索することが重要です。

色々あるんです…介護サービスについてのご紹介
超手軽!インターネットで簡単にできるアルバイト