色々あるんです…介護サービスについてのご紹介

自宅で受けれる介護サービスについて

介護サービスには、色々なものがあります。自宅での生活をサポートする居宅介護サービスには、ホームヘルパーが訪問し、本人の身体介護中心(食事、入浴、排泄のお手伝い、通院の付き添いなど)か、生活援助中心(掃除、洗濯、買い物、食事の準備など)の訪問介護、移動入浴車などで訪問し、入浴介助をする訪問入浴介助、リハビリを自宅で行う訪問リハビリテーション、医師などが薬の飲み方、食事の仕方などを指導する居宅療養管理指導、看護師などが訪問し、点滴の管理などをする訪問看護などがあります。いずれも自宅で受ける事が出来るというのがいいですよね。

通ったり、短期間泊まって受ける介護サービス

自宅以外にも、施設に通って受けるサービスもあります。日帰りで食事、入浴などの介護や、機能訓練を行う通所介護(デイサービス)、病院や介護老人保険施設などで機能訓練を受ける通所リハビリテーション(デイケア)などがあります。施設への送迎もしてくれるので、安心して利用する事が出来ますね。日帰りで通う事が出来ない人には、短期間だけ施設に入り、介護や機能訓練を受ける短期入所生活介護(ショートステイ)や、短期入所療養介護(医療型療養ステイ)もあります。

施設に入って受ける介護サービス

また、施設に入って受ける介護サービスもあり、利用する目的に合わせて大きく三種類に分かれます。常に介護が必要で、自宅での介護が出来ない方向けの生活援助中心の、介護老人福祉施設、リハビリに重点をおいた介護が必要な方向けの、介護老人保険施設、治療が終わり、病状は安定しているけれど、療養が必要な方向けの、介護療養型医療施設があります。いずれも施設でも、居住費、食費、日常生活費は自己負担となります。ここでは代表的な介護サービスを紹介しました。他にも色々な介護サービスがありますので、担当のケアマネージャーと相談して、希望に合ったサービスを選んでください。

介護に就職する場合、高齢者に対する日常的なお世話を通して人の役に立つ素晴らしさや感謝される喜びなどを感じることができます。

介護が必要になった場合に備える知識!公的介護保険について
知っておこう!介護保険サービスでレンタル・購入できる福祉用具