介護が必要になった場合に備える知識!公的介護保険について

公的介護保険の被保険者

少子高齢化に関わらず、自分の両親や配偶者等の介護が必要になる場面に遭遇する可能性は誰でもあります。同時に自分が介護が必要な身になることも当然あり得ます。そういった場合にもあわてないように公的介護保険についての知識はある程度知っておくことが必要しょう。介護保険の保険料を支払う必要がある被保険者は第一号被保険者と呼ばれる65歳以上の人と第二号被保険者と呼ばれる40歳以上65歳未満の人に分かれています。

公的介護保険の給付を受ける介護認定

介護保険の被保険者のうち、第一号被保険者は事故なのか老化に起因する病気等によるのかにかかわらず、介護が必要になった場合には介護保険の給付を受けることができます。但し第二号被保険者は老化に起因する特定疾病になった場合だけが給付対象です。介護が必要になったら市町村へ申請をしてどの程度の介護状態かの認定を受けることが必要ですので、その点を理解しておくといいでしょう。職員と専門家が自宅等を訪れて確認をする認定調査があります。

公的介護保険の給付の種類

介護が必要であると認定されると給付を受けることができます。介護を受ける場合、介護業者のサービスを利用することになりますが、その料金の自己負担割合は1割でよく、残りが保険から支払われるというのが給付の主な仕組です。どんな給付をどんな頻度で受けるのかということが大切になってきますので、その計画を考えてくれるケアマネージャーという人の力を借りることになるでしょう。このプラン作成に関しては自己負担は必要ないことになっています。

介護の求人は有資格者を求める傾向が強い場合があります。そのため、求人情報のその内容の確認は必須です。

経験してみて気付いた、転職活動のポイント
色々あるんです…介護サービスについてのご紹介