経験してみて気付いた、転職活動のポイント

転職活動は在職中から

「在勤中に転職活動をするなんて」とお考えの方もいるかもしれませんが、自分の予想や統計的な平均値以上に、転職活動は時間が掛かるもの。多少の貯蓄や失業手当があったとしても、内定がもらえない期間が長引けば、精神的な焦りも生まれます。また、現職の繁忙期や、突発的な仕事が入ってこれば、電話対応や書類作成に割く時間が取れなかったり、面接等に出向くタイミングも逃しがちです。これらの理由から、転職活動を始めるなら、在職中がオススメです。

ハローワークにコネ入社使えるものは全部使って

転職にあたり、転職サイトや人材紹介会社を利用する方は多いと思いますが、ハローワークでの求職活動を忘れていませんか。多くのハローワークでは、週に1・2回程度、夜間開庁日を設けています。また、一度求職登録をしておけば、インターネット上で求人票を見ることも可能となります(一部非公開の求人もあるようです)。ほかにも、不本意ながらの退職であれば、自分が休職中であることを、思い切って周りに話してみるのも良いでしょう。助け舟を出してくれる人が現れるかもしれませんよ。

気持ちが切れそうになったら利用したいコト

筆者の私自身、転職活動を複数回経験しています。悪い結果が続いた時に励みになったのが、転職支援会社(人材紹介会社)の転職セミナーでした。参加するためには勿論、職業紹介希望者として、募集企業に登録する必要があるのですが、大手の紹介会社になると、無料のカウンセリングや、モチベーションアップセミナー等を開催していることがあります。もうダメだと落ち込みそうになったら、そういった職業紹介会社や、大規模な転職支援イベントに参加してみるのもよいでしょう。思わぬ収穫があるかもしれませんよ。

もしもベンチャーの転職に興味があるならば、求人サイトを閲覧して、興味がある職種をピックアップする方法がおすすめです。

いつまで我慢しているの!?転職したほうがいい会社とは
介護が必要になった場合に備える知識!公的介護保険について