保育士になりたい!免許を取るにはどうすればいい?

保育士のニーズが高まっています

子供が大好きな方に人気の職業、保育士。小学生の女の子が選ぶ「将来の夢ランキング」でも毎年上位にランクインするほか、最近では男性の保育士も以前と比べて確実に増加傾向にあります。また、子育てが一段落したママさんが再就職のために保育士資格を取得するケースも増えてきました。女性の社会進出が加速する中、保育園と保育士のニーズは高まり続けており、保育士資格取得が再就職やステップアップへのチャンスに繋がっています。では保育士の資格はどうすれば取れるのでしょうか?

保育士養成課程を卒業するのが一般的

保育士の免許を取得する方法は大きく分けて二つあります。一つめは厚生労働大臣の指定する四年制大学や短期大学、専門学校などに設けられた保育士養成課程の単位を取得し、卒業することです。2年間の課程(夜間学校の場合は3年間)で定められた単位を取得することにより自動的に資格を得られ、保育士試験を受験する必要はありません。進学し、保育に必要な知識や技術を学びたいという高校生などにオススメの資格取得方法ですね。

働きながら資格取得を目指す方法も

二つめの保育士資格取得方法は、保育士試験に合格することです。年1回実施される試験に合格すれば資格を得ることができますが、受験するためには受験資格を満たさなくてはなりません。受験資格の内容はある一定以上の学歴を保持している、もしくは児童福祉法に基づいて設置された児童福祉施設に定められた期間以上の勤務経験がある、などです。受験資格を満たしていないと保育士試験に合格しても合格が無効になるので注意してください。試験のための勉強は、通信教育などを利用して進める方が多いようです。自分に合った方法で、資格取得を目指して頑張ってくださいね!

保育士の求人なら東京だと、選択の幅が広がります。人口が多いのが一番の理由ですが、保育園だけでなく認定こども園など保育士を必要とする施設が多いというのも理由の一つです。

美に対する飽くなき挑戦をしたいなら!美容師が最適
女性が大活躍?!営業マンとして活躍している女性達!!