子どもの笑顔に囲まれていても、ストレスは溜まる

声をかけても指示が入らない

子育てが大変な育児中のママさんを見ると、大変そうだな、辛そうだなと感じますが、それを本業としている保育士さんはどうなんでしょうか。もちろん辛いし大変な状況であると思います。なかなかいうことを聞かず、うまく指示が入らないような子どもたちを大人人数で見守っているのですから、大変な職業な上、ストレスもすごくたまります。実際に育児をしているママさんの代わりに保育園という環境でたくさんの子どもの管理をしているんのですから、イライラしてしまうのは当然です。

女性の多い職場だから職員間が大変

保育園に就職されている職員は、たくさんの女性職員が働いています。いわば女性の園です。その中で働くわけですから当然女性同士のいざこざはつきものです。その中で男性職員が職場で働くとなるともっと大変ですね。女性は繊細かつ敏感な生き物ですからちょっとしたいざこざがあるとすぐに大きな問題へと発展していくことから保育園の職場に限らずですが、女性の多い職場での人間関係は特に注意が必要であり女性同士のトラブルに耐え切れず、ストレスがしっかり溜まってしまいます。

体力勝負の職場だから疲労がすごい

子どもたちはたくさん身体を動かすのが大好きであり、よく汗をかいていろいろなところを走りまわります。そんな小さな暴君たちを、先生一人で何人も管理をしているのに身一つで追いかけていかなければなりません。当然、身体を大いに動かすので、大人の身体を持ってしても、体力の限界と疲労がピークにたまっていきます。子どもたちと一日中同じ時間走り回り、大きな声をだし、ニコニコと笑顔を振るまっている保育園の先生に休む時間などありません。

働く女性のサポートのため育児に対する社会的要望も高まり、おのずと保育士の求人も広がりを見せています。保育士を目指す人にとってチャンスが広がりますが仕事内容・条件は様々であり慎重な検討が必要です。


フォークリフトにも免許がある?免許取得の鍵を探る!

リフト免許取得の条件とは?

年齢は18歳以上で、1トン未満では大型や普通・大型特殊・小型特殊・二輪などの免許があれば学科や実技など何れかが減免になります。公道を走行する為の免許取得には教習所で技能講習を受講する必要があります。公道を走らないのであればフォークリフトメーカー主催の技能講習があるので会社で取得する必要があれば教習所かリフトメーカーかどちらを受講するのかチェックしておきます。1トン以上では大型特殊が公道走行時に必要になりますので確認しておきます。

実技テストはどんな事をするの?

ハンドル操作を主としたパイロン(フェンスを使った教習所もある)をS字走行したり、O字走行する実技講習と試験になり荷物を積んだ状態と荷物がない状態両方の講習を行います。他にバック走行や荷物を積む作業の講習(パレットに爪を入れたり荷降ろしも含む)もあり試験の時には減点方式で70点以上で合格が大方の教習所で行っているようです。注意点は爪の上げ下げ(ニュートラルにしているか)・二段取り・二段置き・乗り降りの方向がポイントになります。

学科試験はどんな事をするの?

配布されるテキストに沿った授業で教官によっても違いますが、試験に出る箇所は「試験に出る」と教えてくれるので気構えなくても大丈夫です。授業さえ聞いていれば大丈夫ですが万が一学科試験に落ちても補習でカバーする教習所もあります。マークシートやマルバツ方式の試験で記述は殆どなく教本も書店などで販売されているので事前にチェックしたい方も大丈夫です。実技ほど時間をかけないので殆どが1日だけ学科講習と試験に当てるようです。

フォークリフトの求人は免許を持っていれば採用してくれますので経験がなくても豊富な件数から探すことができます。