保育士になりたい!免許を取るにはどうすればいい?

保育士のニーズが高まっています

子供が大好きな方に人気の職業、保育士。小学生の女の子が選ぶ「将来の夢ランキング」でも毎年上位にランクインするほか、最近では男性の保育士も以前と比べて確実に増加傾向にあります。また、子育てが一段落したママさんが再就職のために保育士資格を取得するケースも増えてきました。女性の社会進出が加速する中、保育園と保育士のニーズは高まり続けており、保育士資格取得が再就職やステップアップへのチャンスに繋がっています。では保育士の資格はどうすれば取れるのでしょうか?

保育士養成課程を卒業するのが一般的

保育士の免許を取得する方法は大きく分けて二つあります。一つめは厚生労働大臣の指定する四年制大学や短期大学、専門学校などに設けられた保育士養成課程の単位を取得し、卒業することです。2年間の課程(夜間学校の場合は3年間)で定められた単位を取得することにより自動的に資格を得られ、保育士試験を受験する必要はありません。進学し、保育に必要な知識や技術を学びたいという高校生などにオススメの資格取得方法ですね。

働きながら資格取得を目指す方法も

二つめの保育士資格取得方法は、保育士試験に合格することです。年1回実施される試験に合格すれば資格を得ることができますが、受験するためには受験資格を満たさなくてはなりません。受験資格の内容はある一定以上の学歴を保持している、もしくは児童福祉法に基づいて設置された児童福祉施設に定められた期間以上の勤務経験がある、などです。受験資格を満たしていないと保育士試験に合格しても合格が無効になるので注意してください。試験のための勉強は、通信教育などを利用して進める方が多いようです。自分に合った方法で、資格取得を目指して頑張ってくださいね!

保育士の求人なら東京だと、選択の幅が広がります。人口が多いのが一番の理由ですが、保育園だけでなく認定こども園など保育士を必要とする施設が多いというのも理由の一つです。


美に対する飽くなき挑戦をしたいなら!美容師が最適

美容師に向いているタイプとは

自分の髪を美しく整えるだけではなく、お客様の髪型も完璧に仕上げたい。そのようなタイプは美容師に向いています。さらに、美容師は手先が器用な上に、お客様の容姿や雰囲気に合うヘアスタイルを提案できるように、美的センスを持ち合わせていることも大切です。また、会話を通してヘアスタイルを作り上げることもありますから、コミュニケーション能力が必要とされています。このような条件を満たしているならば、自信を持って美容師を志しましょう。

美容師の資格を取得する方法

美容師として働くためには、美容師を養成する教育機関で知識や技能を学んだあとに、国家試験を受けなければいけません。国家試験に合格して資格を取得したならば、美容師として採用してもらうことができます。美容師になりたい場合、専門の教育機関で学ぶ必要がありますが、全国にはたくさんありますので、じっくり吟味して選びましょう。通学しやすい立地条件ならば、苦痛に感じることがありませんので、まずは所在地や最寄り駅について調べることをおすすめします。

バラエティに富んでいる美容師の職場

美容師の職場はたくさんありますので、自分の適性やライフスタイルに合わせて選ぶ方法がおすすめですね。最も多い職場は美容院ですが、個人の店舗やチェーン店など、さまざまなスタイルが見受けられます。また、ゆくゆくは独立開業して、自分の美容院を持つことを目標としている美容師はたくさんいますね。さらに、結婚式場やモデル事務所に所属して働く方法もあります。花嫁やモデルのヘアスタイルをセットしますから、憧れる美容師は多いのですが、センスが重要視される職場です。

美容師の求人では、勤務場所に加えて勤務時間や休日、給料など、条件面において様々な種類が存在しています。


ヘアメイクと大人の社交の中の女性のあり方

お祝い事とヘアメイクの重要性

成人式や卒業式、結婚式には必ず誰もがヘアメイクを美容院にたのみます。その時最高の流行の髪とメイクを美容院はしっていて、そのようにしてくれます。お祝い事の行事にはヘアメイクはバッチリ決めていきたいのが女性です。最近は大きな花をつけて三つ編みを作ったり、お姫様のようにカールした髪を結った髪に下げるのが流行っています。ちょっと大きめの頭になるのですが、お祝い事にはそうしたヘアメイクが決まるようで、メイクもアイメイクは付けまつ毛をします。

美容院でいいヘアメイクにならなかった

希望した通りのヘアメイクをしてもらえない事もあります。美容院は最新の流行を知っていますから、あまりオリジナルだったり、昔風の注文をつけても、美容師さんが納得しないで違ったヘアメイクにされたりします。それでもそれで出かけると、結構褒められたりすることも多いのが不思議です。美容院は専門の知識と経験を培っていますから、その人にあった最新のファッションの中でヘアメイクを作ってくれるのです。着物や洋服も、ある程度流行の流れに沿っているのです。

夜の世界の中のヘアメイク

夜のお仕事で、夕方予約が毎日入っている美容院は大変です。決まった時間に予約が詰まっていて、カットやパーマはなくても逆毛を立てたり、温めたり、結構時間がかかるのです。ママにはママらしく大きめで貫禄のあるヘアメイクを、またニューフェイスには可愛らしく華やかで女性らしいヘアメイクをします。ある程度会話の中でどんな店のどの位置の人なのか、美容院はちゃんと知っていて、それに見合ったヘアメイクというのがちゃんとあるのです。

ヘアメイク派遣は資格も不要で登録をすれば単発で仕事をすることが出来るので空いた時間を使うのに最適です。

関連記事