大学生は必見!ファストフードのアルバイトで身につくスキルとは?

接客マナーが身に付きます!

ファストフード店は、日本全国に存在しますが、もちろんアルバイトとして働いている人も存在しますよね。そのほとんどが、学生なのですが、まずは接客を勉強しなければなりません。一日で何百人と接客をしなければなりませんから、最初のマナーが肝心なのです。しかし、基本的なことを教えてもらったら、実際にレジに入って接客しなければならないために、少し戸惑うこともあります。しかし、OJTのように実際に体験し学んでいくことが、一番効率よく学べる方法です。

迅速な対応が身に付きます!

ファストフード店は、商品を注文してから届けるまでに、数分しかかかりません。早く提供することができる裏には、店側の配慮があるのです。ファストフード店と言っているぐらいですから、やはり迅速な対応を心がけなければならないのですが、働いていくうちに自然と身に付くことでしょう。特に、自分から身につけようと思っても身につかないものであり、いつの間にか身についているスキルでもあるために、ファストフード店の醍醐味でもあります。

料理のスキルも向上!?

ファストフード店では、ハンバーガーやサンドイッチなど様々なフードを提供することがあるのですが、料理のスキルも少し身に付くことがあります。決してメニューは他に他言してはならないのですが、一人暮らしなどで自炊をする時に、バイトで身に付いた料理のスキルを少し使うだけでも食卓が豪華になることでしょう。これも、接客や迅速な対応と同様に、働いていくうちに自然と身についてくるスキルですので、働いている期間が長いほど身につくことでしょう。

飲食の求人なら大阪がオススメです。大阪は食べ物がとても美味しいし、働く仲間がみんな賑やかで楽しく働くことができる飲食店がたくさんあります。


知っておきたい!飲食店バイトの、メリット、種類、賃金について

飲食店バイトのメリットとは?

飲食店のアルバイトは、求人情報でもよく見かけますし、興味を持っている方も多いのではないでしょうか。学生の方にとっては、学校の授業が終わった後や夜間に出来るアルバイトとして定番になっていますし、主婦の方にとっては昼間の空いた時間に出来るという便利さもあるでしょう。さらに飲食店バイトのメリットとしては、空いた時間に数時間だけ出来るということのほかにも、まかない(食事)が出る場合が多いことや、友達づくりなどに最適な、出会いの場が多い職場としても知られていることが挙げられます。

飲食店バイトにもいろいろある?

飲食店のアルバイトと一口に言っても、ファミレスなどのチェーン店と個人店の違いや、ホールとキッチンという仕事内容の違いがあります。ファミレスの場合はマニュアルに沿って仕事を覚えることになりますが、個人店の場合は、より臨機応変な対応が求められるという違いがあるでしょう。そしてホール(接客)とキッチン(調理)では全く仕事内容が違うため、応募や面接をするときは、それが自分の希望に沿った仕事かどうかをしっかり確認することが必要だと言えます。

飲食店バイトの賃金はいくら?

飲食店バイトの賃金については、首都圏で時給1,000円前後というのが相場ですが、もともと賃金が低い地方では700円台というところも多いようです。例えば、時給1,000円のバイトを、一日4時間・週3日というシフトで行った場合は、5万円程度の月給になります。また、ファミレスや居酒屋などで深夜勤務(22時~翌5時)がある場合は、通常勤務の25%増の時給にしなければならないということが法律で定められています。

飲食店の求人はたくさん出ていますので、選択肢が多いというメリットがあります。エリアを限定すれば、探しやすくなります。


注意しよう!アルバイトでやってはいけない事

遅刻が多いとマイナスに!

アルバイトといっても働いてお金を貰う限りには最低限のマナーを守る必要があります。注意しなければいけないのが遅刻です。決められた出勤時間に間に合わないようであれば、間に合わないとわかった時点でアルバイト先に連絡する必要があります。しかし連絡すればいいという事ではなく、何度も遅刻が続いてしまうとマイナスのイメージになってしまいますよね。他の人にも迷惑が掛かってしまうため本当に必要な時以外は遅刻しないようにしましょう。

暇だからといって遊ばない

アルバイトをしていると暇になってしまう事もあると思います。レストランやコンビニなどはランチタイムなどが過ぎると暇な時間帯になってしまう事もありますよね。しかし暇になったからと言って当たり前ですが、遊んではいけないのです。携帯電話やスマートフォンを持ち込んでメールなどをしていてはお客様が来た時に対応できなくなってしまいますよね。暇な時間帯であっても時給が発生しているので、掃除をするなど自分で仕事を見つけましょう。

商品や備品を持ち出さない

アルバイトには様々な業種がありますが、例えば事務のアルバイトでは会社の文房具を利用する事ができます。しかし配布されたからといっても会社の備品には変わらないため自分の物として持ち出してはいけないのです。アルバイトを辞める場合には備品は返す必要があるのですよ。このようにアルバイトをする際には気をつけなけらば行けない事は様々あるのです。どれも当たり前の事ばかりですが、出来ていない人も多いの気をつけましょう。

高時給のバイトは、仕分けや夜勤などの業種によりますが、主に体力を使う仕事が多いです。特に夜勤は時給が高いです。